オンラインショップ

サワダデンキ
雑記帳
海外電気情報
生活ほっと情報
有用・無用リンク
ホームへ

雑記帳

海外電気事情
海外向け商品の通信販売(オンラインショップへ) GO
海外で電気製品を使うために GO
関連リンク GO


海外で電気製品を 使うために
2005/04/24

電源電圧

日本と外国では電気事情が大幅に違います、まず家庭用電気の電圧が違います。コンセントに不用意に差し込みますと電気製品が故障したり、火災になったりす るので非常に危険です。
電圧は日本が100Vで、外国では110Vから250Vまで多彩です。また、後進国などでは電源事情が悪く、220Vと言っても2割程度の変動が有り、使 用機器に悪影響が有る場合もございますので注意が必要です。電圧の不安定な地域向けに自動電圧安定回路内臓の変圧器もご用意しています。

電源周波数

国によって電源周波数は違いますので注意して下さい。日本では西日本が60サイクルで、東日本が50サイクルです、その境目はちょうど富士川のあたりにな ります、詳しくはお調べ下さい。 
地域によっては発電器の回転数管理が悪く、周波数が安定してない地域も有ります。一般的に言ってヨーロッパは50サイクル、アメリカは60サイクルです。 アジアでは中国、インドネシア、インド、タイは50サイクル、韓国、台湾、フィリピンは60サイクルです。(地域によって異なる場合が有りますので詳細は お調べ下さい(参照))

電源プラグの形状

電源プラグの形状が違ったり(数種類以上在ります)、電気用品取締法等が違うので、使用できてもその国の法律に合致しないものもあるので注意が必要です。  
また、同じ国でも複数のプラグを使う場合も多くあります。また、形状だけを合致させても電圧が違いますので変圧器が必要となりますのでご注意下さい。(其 のまま差し込むと感電や火傷・火事の恐れが有ります)
(主な形状としては:Aタイプ、Bタイプ、BFタイプ、Cタイプ、SEタイプ等が有ります)

各種電気製品の問題点

・冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、蛍光灯を使った照明器具では、電圧の他に電源周波数が問題となります。
ドライヤー、ポット、炊飯器、アイロン、ホットプレートなどは電圧だけが問題になります。電圧切り替え式になったモノも一部発売されています。
勿論、電源プラグの形状はその国に合ったモノをご用意下さい。

・ラジオでは電圧の他に、受信周波数が問題になります。(これは電源周波数とはまた別のものです)FMの周波数は日本では76Mhzから90Mhzですが 多くの国では88Mhzから108Mhzの帯域を利用しています。90Mhzを越える部分は日本ではテレビの音声に使用されています。また、この帯域が聴 取可能な国内モデルが多数発売されています。(TV1〜3chと表示されています)

・ウオークマン、ポータブルCDプレーヤー、ポータブルミニデイスクプレーヤーなどで、電池を使用する場合は問題ありません、但しラジオ付の場合はラジオ と同じ注意が必要です。充電したり、AC電源で使うときには電圧が問題となります。別売で海外の電圧に配慮された充電器等も機種によっては販売されていま す。

・テレビ、ビデオでは電圧、受信周波数の他に放送方式(アメリカ方式、イギリス方式、フランス方式、西ヨーロッパ方式、東ヨーロッパ方式等が在ります)と カラー方式(PAL,SECAM,NTSCなどがあります)が問題になります。一般的なマルチシステムビデオではPALのソフトもNTSCのソフトも見る ことが出来ますが、信号が其のまま出力されますので、日本のテレビでPALのソフトを見ることは出来ません。マルチシステム対応のテレビが必要です。 NTSC ON PAL-TV の表示が有れば、NTSCのソフトをPALのテレビで見ることが出来ます。

・ビデオムービー、ビデオCDでは電圧の他にカラー方式が問題となります。ビデオムービーに付いては、ほとんどの機種で100Vから240Vまで自動的に 電源電圧に対応しています。但し、プラグアダプターが必要になります。また、電源コードを220V対応とする方がベターです。

・DVDでは地域番号が問題になります、地域番号が違えばカラー方式が一緒であっても使えません、ちなみに日本は2で、アメリカは1です。これはソフト会 社の都合でいじわるされているのです。

・電話機、ファックスでは電圧の他に、国によって呼び出しの方式が違ったり、コネクターの形状が違ったりします。留守番電話が付いてる機種では日本語のみ に対応しているもの(固定応答メッセージ)もあるので注意が必要です。(必ず自作応答メッセージが使えるものを選ぶこと)
国内で手に入る輸出仕様のモデルが少ないので、国内向けの商品をお選びの時は上記にご注意下さい。

・変圧器
上記の諸条件を満たすためには、電源電圧を替えるためには変圧器(トランス)が必要です、変圧器には何ボルトから何ボルトへ替えるのかと言うことと、どれ ぐらいの量の電力を使うのかという(容量が何ワットか)ことを示す必要があります。また、用途別に電熱専用と言うものもあります、これは小型で軽量です が、電熱を使うもの(アイロンとかトースターなど)にしか使えません。何故なら、ヒーター回路を変圧の手段として組み込むから、軽量・小型に出来るので す。またこれは炊飯器・電気毛布・電気カーペットなどで電子式コントローラーが内蔵されたものにもつかえません。また、電圧が不安定な国へ行く場合は定電 圧電源装置の内蔵された変圧器が必要な場合があります。

変圧器の種類(特に電子式)によっては、周波数が問題になるケースも有りますので、注意が必要です。

変圧器というものは一部を除いて、鉄の塊なので容量に応じて結構重いものです。ドライヤー(2,650円から(100V 〜240V対応))、充電式シェーバー(2,300円から(100V 〜240V対応))などは海外向けの商品をお買いになる方が得な場合が多いです。日本でも外国でも使える(100Vから240Vまで対応している)ものが あります。その他の商品もポータブルオーディオを始め世界中で使えるワールドモデルと言うのが有り、世界の電気事情に対応していますのでご検討下さい。
ページのトップに

関連リンク

各国の電気事情SANYO)
GO
貿易用語集SANYO GO
世界の電圧とプラグ一覧表やっかいなモデム GO
世界の電話・電源関連情報一覧デバイスネット GO
海外の電気と放送事情(ソニー(株) GO
国別の生活情報転勤妻 GO
海外旅行関連 GO
外務省 GO
ページのトップに


オンラインショップ | サワダデンキ | 雑記帳 | 海外電気情報 | 生活ほっと情報 | リンク | ホーム
Copyright(C)1998-2004. sawadadenki. All rights reserved.