澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

阿倍野七坂1 New! 2018年10月15日(月)

  141,504 byte

 阪堺電車、上町線の東天下茶屋駅10:30集合だったのです。我が家から行くには、天王寺まで出てチン電で行く、恵美須町から聖天坂までチン電で行き歩く、地下鉄堺筋線恵美須町から天下茶屋まで行き歩く、なんて様々な行き方が有るのです。

 まあ、どうせならと歩いて行く事にしたのです。4kmほどしか無いので、1時間も有れば到着するのです。東天下茶屋に集合して、何をするかと言えば「阿倍野七坂」を歩くのです。天王寺七坂は良く聞くのですけど、阿倍野七坂なんて言葉を始めて聞いたのです。

 集合場所には10:28に到着したのです。集まったのは全部で9名だったのです。「いたけの娘」の発案で、案内人は「師匠」なのです。駅前の自動販売機で「金麦」をゲットしたのです。此の日、初めてのビールが私の喉を下ったのです。

 先ず、向ったのは「阿部晴明神社」だったのです。此処は「阿倍王子神社」の境外末社なのです。祀っているのは「阿部晴明」なのは言うまでも無いのです。社伝によると、創建は寛弘4年(1007)なのですが、幕末には衰微してしまったのです。大正時代に阿部晴明の子孫が社地を阿部王子神社に寄進し、現在の社殿が竣工したのです。

 其の後、「阿部王子神社」にもお参りさせて頂いたのです。此方は熊野神社の分霊社である九十九王子のひとつなのです。参拝を済ませて、いよいよ七坂巡りなのです。東天下茶屋に戻り、其処からスタートしたのです。

 先ずは赤橋幼稚園の南が「相親坂」なのです。下って少し行った所に阿倍野相生局と言う郵便局が在ったのです。相生通1-8に在るのが「相生坂」なのです。そしてぐるっと回って住吉高校の前を通ったのです。右手にグランドが有るのですけど、其処に、年老いた松の木が4本有ったのです。

 でも、此れを「岸の姫松・岸の五本松」と言うのです。万葉集に「住吉の岸の松・・」と歌われているのが其れなのです。古今和歌集にも「住吉の岸の姫松・・」と詠まれているのです。昔は、此の辺りが海岸線に成っていたようなのです。

 其の後、「みなみ坂」「みどり坂」「やしろ坂」「さくら坂」と巡ってから「阿倍野神社」に参拝させて頂いたのです。そして、ラストが「みや坂」だったのです。此れで「阿倍野七坂」を全て回る事が出来たのです。

 時刻は既に正午を過ぎていたのです。そう、お腹の虫が鳴いたのです。そして、玉出中2丁目に在る「大阪王将」で昼飯に有りついたのです。其処で10月16日までキャンペーンで100円安い「生ビールセットC」を頂戴したのです。生ビールが爽やかに喉を下ったのは言うまでも無い事なのです。合掌。31277

(先ずは金麦なのです。2018.10.13、「東天下茶屋駅」大阪市阿倍野区阿倍野元町3番地および阿倍野区晴明通12番地)
 


阿倍野七坂2 New! 2018年10月15日(月)

  143,214 byte

阿部王子神社で参加者9名で、記念写真を撮ったのです。2018.10.13、「阿部王子神社」大阪市阿倍野区阿倍野元町9-4
 


阿倍野七坂3 New! 2018年10月15日(月)

  143,379 byte

阿部晴明神社の直ぐ北側の駐車場にマジンガーZが居られたのです。2018.10.13、大阪市阿倍野区阿倍野元町5
 


阿倍野七坂4 New! 2018年10月15日(月)

  142,310 byte

最初に下った「相親坂」の名が刻まれた石碑なのです。2018.10.13、大阪市阿倍野区相生通2丁目6
 


阿倍野七坂5 New! 2018年10月15日(月)

  143,111 byte

私がお昼に食べさせて頂いた「生ビールセットC」なのです。此れに餃子が6個と生中が付いているのです。何故か、紹興酒なんてのも頂戴したのです。2018.10.13、大阪市西成区玉出中2丁目5−14
 


<< 2018年 10月 >>
- 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -