澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

お別れの会1 New! 2018年12月14日(金)

  141,485 byte

 歩いて行こう、と言う案も有ったのですけど、取り敢えず行きしなは地下鉄で行く事にしたのです。「4丁目の照明屋」が10:45にお迎えに来てくれたのです。日本橋から地下鉄に乗って、長堀橋で鶴見緑地線に乗り換えて、大阪ビジネスパークで降りたのです。

 目的地はニューオータニ大阪なのです。永和信用金庫の理事長を16年間お勤めに成り、此の10月に永眠された「小林 泰さん」の「お別れの会」が正午より執り行われるので、其れに合わせて行ったのです。

 厳粛な式典が執り行われ、我々も霊前に献花させて頂いたのです。其の後、別室で立食パーティーが開かれたのです。食べ切れない、飲みきれない、ほど色々と用意されていたのです。我々も適当に頂戴したのです。

 帰りは「照明屋」「裕ちゃん」「洋服屋のおっさん」の4人で歩く事にしたのです。真っ直ぐ帰るのも何なんで、大阪城公園の中を通る事にしたのです。此処までで、随分とスマホで写真を撮ったのです、と言いたいのです。でも、現実には一枚も撮って無いのです。何故かと言えば、スマホを忘れて行ったからなのです。数々のシャッターチャンスを逃してしまったのです。誠に残念な事なのです。

 谷町4丁目で「洋服屋」が用事が有るとかで、地下鉄に乗られたのです。残りの3人は上町筋を更に南下したのです。上本町4丁目界隈で、「裕ちゃん」の奥様が車で亭主をお迎えに来られたのです。残された二人は更に南に向かって歩いたのです。家に帰り着いたのは、午後3時前だったのです。

 さあ、「いたけ」に出勤する時刻がやって来たのです。でも、雑記帳を書いていて遅く成ってしまったのです。遅刻なのです。まあ、そんな大層なもんでは無いのですけど、「いたけ」に到着したのは、ほぼ午後7時だったのです。

 表の電飾看板が点いていたので「師匠」が来られているのを知ったのです。此の看板の点火は、「師匠」が「いたけ」に到着すると、真っ先にする仕事なのです。他に「たかはしさん」と「英子ちゃん」其れに「優勝さん」が居られたのです。

 其処へ「兄貴」が入って来られて、随分と賑やかに成ったのです。でも、私は実の嫁とデートの約束が有ったので、19:45に「いたけ」をお暇したのです。そして、途中で家に寄り、嫁共々「郷土料理 縁」へと向かったのです。

毎日、食べ物に有り付くだけで、有り難い事なのですけど、飲み物にも有り付けるのです。皆様に感謝しなければ成らないのです。合掌。27549

(大坂城を散策しながら歩いて帰る我々、2018.12.13、「大坂城」大阪市中央区大阪城1−1)
 


お別れの会2 New! 2018年12月14日(金)

  139,865 byte

先ずは「師匠」なのです。こう見えても、ヒマラヤに登った事が有るんですよ。2018.12.13、「いたけ」大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


お別れの会3 New! 2018年12月14日(金)

  143,891 byte

「たかはしさん」と「英子ちゃん」なのです。こう見えても、只の酒飲みなんですよ。2018.12.13、いたけ
 


お別れの会4 New! 2018年12月14日(金)

  138,600 byte

「いたけの娘」なんです。こう見えても下戸なんですよ。2018.12.13、いたけ
 


お別れの会5 New! 2018年12月14日(金)

  140,131 byte

「兄貴」なのです。こう見えても「日本橋まつづくり振興株式会社」の社長なんですよ。2018.12.13、いたけ
 


<< 2018年 12月 >>
- - - - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -