澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

清麺屋1 2019年01月08日(火)

  141,998 byte

 実の嫁が義姉と二人で、昨年の秋に新装成った京都の南座へ松竹新喜劇を観に行く事に成ったのです。我が家からなら、北浜から京阪で出町柳まで行くのが順当なのです。でも、義姉は足の具合が悪く、歩くのが苦手なのです。

 義姉の家は河内小阪に在るので、日本橋で乗り換え、北浜で乗り換えると言う、二度手間をしなければ成らないのです。ところが、大阪バスなるものが、近鉄布施駅前から祇園四条、すなわち南座の真ん前まで定期バスを運行しているのです。

 布施を8:40に出発したバスは10:05に四条に到着するのです。但し、運賃は割高に成るのです。河内小阪からなら1350円を必要とするのです。鶴橋まで近鉄で行き、京橋まで環状線で行き、其処から京阪で出町柳まで行けば840円で済むのです。

 結局、布施から二人でバスで行く事に成ったのです。義姉とは布施駅のホームで8:15の待ち合わせなのです。ところが、嫁の目が相当悪く、上手く義姉を見付けられるかが不安だったので、私が付いて行き事にしたのです。嫁の目に成ると宣言しているので、其の通りにしたのです。

 幸い、上手く落ち合う事が出来、二人は無事にバスに乗る事が出来たのです。私はホームで二人とお別れして帰路についたのです。でも、近鉄日本橋から乗ったのですけど、日本橋では降りれないのです。システムがそう成っているのです。

 其処で、大阪難波駅で降りる事にしたのです。此れなら、運賃は150円で済むのです。もし、布施で降りて、再び日本橋まで乗れば420円を徴収されるのです。そんな訳で、難波から歩いて帰ったのです。いえ、歩くのは趣味なので一度は布施から歩いて帰る事も考えたのです。まあ、色々と用事が有ったので、電車で帰ったのです。

 昼飯は一人なので、何処にでも行けるのです。嫁の好き嫌いを考慮に入れずに済むのです。そんな訳で「友愛亭」でラーメンを頂戴する事にしたのです。ところが、月曜日は定休日だったのです。其処で「清麺屋」に行く事にしたのです。

 清麺屋ではいつものように、「鶏もつつけ麺」「三種盛り」「瓶ビール」の3点セットをお願いしたのです。勿論、麺の量は並の200gなのです。私が食べ出したところへ、「立っちゃん」が入って来られたのです。彼は麺の量を中の300gにされたのです。並も中も同じ値段なのです。

 後で聞いたところによると、「バリさん」も「清麺屋」に来られたようなのですけど、満員んで諦めたようなのです。食べれて良かったのです。合掌。24425

(昼飯を此の「清麺屋」で頂戴したのです。2019.01.07、「清麺屋」大阪市浪速区日本橋西1-4-8 マンション田中1F)
 


清麺屋2 2019年01月08日(火)

  137,076 byte

先ず、ビールと三種盛りが出たのです。2019.01.07、清麺屋
 


清麺屋3 2019年01月08日(火)

  143,689 byte

此れが「鶏もつつけ麺」なのです。美味しかったのです。2019.01.07、清麺屋
 


清麺屋4 2019年01月08日(火)

  140,068 byte

私が半ば食べ終えたところに「立っちゃん」が入って来られたのです。2019.01.07、清麺屋
 


清麺屋5 2019年01月08日(火)

  136,961 byte

「立っちゃん」をバックに自撮りしたのです。2019.01.07、清麺屋
 


<< 2019年 1月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -