澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

から天1 2018年11月07日(水)

  131,156 byte

 10:00から日本橋中学校で学校協議会が有ったのです。其れを終えて家に帰ると、12:20だったのです。其の時、実の嫁は既に家には居なかったのです。いえ、別に嫁に逃げられた訳では無いのです。毎週、火曜日はお花のお稽古なのです。

 そんな訳で、昼飯を一人で食べる破目に成ったのです。其処で、色々と考えた挙句に、前日に「ともちゃん」がフェイスブックに上げていた天ぷら屋に行く事にしたのです。揚げたての天麩羅を食べさせて頂けそうだったからなのです。

 場所は空堀商店街の中なのです。勿論、歩いて行く事にしたのです。久しぶりに此の方向に歩くのです。日本橋1丁目の交差点を越えて右に曲がって、千日前通りを東に歩いたのです。国立文楽劇場を過ぎた所にうどん屋が有ったのです。お名前が「麺之介」と仰るのです。

 へえ、こんなお店有ったんや、なんて思ったのです。「ぶっかけうどん」と「スープうどん」が売りのお店みたいだったのです。もし、此処で食べるねんやったら、何を食べるかなあ、なんて思ったのです。既に行く所を決めているのに看板を見て思ったのです。そうや、「あなご天ぶっかけ」がええなあ、なんて・・。

 松屋町筋を左に曲がって北に向かったのです。一つ目の道路を越えた所に「豆福」と言う、文字通り「豆」の専門店が有るのです。嫁は此処の「千葉産ピーナツ」が大好物なのです。丁度、無くなっていたので、帰りに買う事にしたのです。

 松屋町筋の事を「まっちゃまち」と我々は呼ぶのです。其のまっちゃまちを東に渡って、尚も北に歩いたのです。高津公園を下りた辺りの角に「めん処 竹ちゃん」なんて、此れまたうどん屋が有ったのです。「お昼の日替わり定食 730円」なんてのが有って、火曜日の欄を見ると「チキンカツの甘酢タルタル&ミニ月見うどん」なんて書いて有ったのです。

 ああ、こんなん言うてると目的地に着けないのです。空堀商店街を上がって行って、2つ目の辻を越えて右側、2軒目ぐらいに件のお店は在ったのです。店の名は「から天」なのです。要するに空堀商店街の天ぷら屋なんて意味なんでしょうねえ。

 店に入ると、カウンターが満員だったのです。でも、少し待って欲しいと言われて、待つ事20秒、『どうぞ。』と言われたのです。奥にも壁に向かったカウンターが有って、席が3つ有ったのです。普段はカーテンで仕切って有るのです。其処に座らせて頂いたのです。

 色々メニューは有るのですけど、950円の「海老天ぷら飯」と言うのにしたのです。海老3匹、魚、野菜2種、かき揚げ、と内容が書いて有ったのです。此れに飯と味噌汁、其れにカウンターには香の物が置いて有ったのです。先ず、飯と味噌汁が出たのです。暫くすると揚げたての海老天3匹とシメジの天ぷらが持って来られたのです。

 丁度、其れを食べ終えた頃に、キスの天ぷらと茄子の天ぷらが持って来られたのです。更に最後に野菜のかき揚げが持って来られて、此れで終わりなのです。美味しく頂戴したのです。揚場前のカウンターに座ると、揚げる度に出してくれるのだそうです。満足して店を出て辺りを散策しながら帰ったのです。勿論、ピーナツを買って・・。合掌。25617

(「海老天ぷら飯」なのです。後3点の天ぷらが出たのです。2018.11.06、「から天」大阪市中央区谷町6-15-17)
 


から天2 2018年11月07日(水)

  138,465 byte

海老天とシメジ天のアップなのです。カラッと揚がってて、小さいのですけど、海老も美味しかったのです。2018.11.06、から天
 


から天3 2018年11月07日(水)

  133,204 byte

キスの天ぷらと茄子の天ぷらなのです。2018.11.06、から天
 


から天4 2018年11月07日(水)

  132,910 byte

最後に出て来たのが野菜の掻き揚げなのです。タマネギ、ニンジン、三つ葉、が中身なのです。2018.11.06、から天
 


から天5 2018年11月07日(水)

  132,983 byte

「から天」の外観なのです。看板には「空堀天ぷら飯」とも書かれているのです。2018.11.06、から天
 


<< 2018年 11月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -