澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

尚治1 2018年10月12日(金)

  143,888 byte

 昼飯は久々に「ホロホロカレー」を頂戴する事にしたのです。勿論、いつもの近道を通るのです。タイムズ大阪難波の駐車場を抜けると、120mほど近道に成るのです。「ホロホロ」や「レ・シャンドオル」なんかに行くのに便利なのです。

 実の嫁は「オムライス」をお願いしたのです。私は勿論、カレーなのです。いつものように美味しく頂戴したのです。でも、余りゆっくりは出来ないのです。13:15に長男一家がやってきて、一番小さい「尚治(なおはる)」をお預かりしなければ成らないのです。

 其処で、コーヒーもそこそこに13:00丁度に席を立ったのです。13:10に表に立って待っていたのです。

 実治と尚治は車の後部席のチャイルドシートに乗っていたのです。実治は、てっきり爺婆の所で遊べるものだと思っていたのです。バイバイをすると泣き出したのです。可愛いいものなのです。そんな訳で、嫁が尚治を抱いて家に入ったのです。

 其れまでは、事情が分からず、きょとんとしていた尚治なのですけど、パパ・ママが居ない事に気付いて泣き出したのです。今年の6月10日に生まれたばかりなのですけど、もうそんな事が分かるのですねえ。でも、あやしている内に泣き止んだのです。

 恐らく、『こいつら、まんだら悪い奴等では無さそうだ。』なんて思ったようなのです。其の後は、寝てくれたのです。座布団の上にバスタオルを敷き、其処に寝かせたのです。結構、寝ていたのですけど、やがて薄目を開けたので、嫁が慌ててトントンをしたのです。

 其の内、尚治は寝たのですけど、嫁も寝てしまったのです。15:00過ぎには目が覚めたようなのですけど、泣かなかったのです。まあ、慣れたのですかねえ。此れなら、もっと長時間でも、お預かり出来るようなのです。でも、15:18にパパとママがお迎えに来てくれた時には、満面の笑みを浮かべたのです。

 我々がお預かりしている間、ぐずる訳でも無いのですけど、余り笑顔を見せなかったのです。合掌。16277

(泣き止んだ実治なのです。2018.10.11、我が家)
 


尚治2 2018年10月12日(金)

  135,150 byte

やがて実治は寝てしまったのです。2018.10.11、我が家
 


尚治3 2018年10月12日(金)

  130,675 byte

座布団の上で寝入っているのです。2018.10.11、我が家
 


尚治4 2018年10月12日(金)

  140,126 byte

パパ・ママがお迎えに来ると、此の笑顔なのです。2018.10.11、「CAFE DI ESPRESSO 珈琲館 日本橋店」前 大阪市浪速区日本橋3-7-8
 


尚治5 2018年10月12日(金)

  138,353 byte

もっと大笑いしている写真も有るのですけど、下品なので割愛したのです。2018.10.11、珈琲館前
 


<< 2018年 10月 >>
- 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -