澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

実治6 2018年06月04日(月)

  142,161 byte

 友治が実治を連れて「ダックツアー」に行くと仰ったのです。ダックツアーとは、水陸両用バスで大阪を巡る旅、の事なのです。天満橋駅近くの「川の駅(はちけんや)」から水陸両用バスに乗って、大阪府警察本部、大阪城前、を通って毛馬桜之宮公園の一画から大川にジャンプするのです。

 乗って見て思ったのは、思ったより視点が高い事だったのです。其れに良く揺れるのです。実治が怖がったほどなのです。緊張を強いられた実治は、其の緊張に耐えかねたかのように寝てしまったのです。川に水しぶきを上げて突入する、此のツアーの見どころを前にして棄権をしたみたいなのです。

 90分のツアーなのですけど、其の半分ほどを実治は寝て過ごしたのです。川を船に成って進んでいるところで目を覚ましたのです。窓の外の景色を見て、怪訝な様子を示したのです。バスに乗ったつもりが、船に成っているのですから・・。

 無事、川の駅に戻って来たのです。実治はすっかり元気に成っていたのです。時刻は既に、12:40を過ぎていたのです。お腹の虫が鳴ったのです。さあ、早く昼ご飯を食べなければ成らないのです。そんな訳で、手っ取り早く「京阪シティーモール」の8階、レストラン街で食べる事にしたのです。

 私の好みでは無かったのですけど、実治の事を考えると蕎麦屋がええやろと、「土山人」と言う所に入ったのです。前にも一度入った記憶が有ったのです。いえ、すんなりと入れた訳では無いのです。30分程も待たされたのです。場末の癖に生意気なのです。

 実治と友治は「天丼とお蕎麦のセット大」を注文したのです。私と実の嫁は「おばんざいセット」をお願いしたのです。蕎麦屋の小鉢3つ、掻き揚げ天ぷら、蕎麦がセットに成っているのです。勿論、ビールもお願いしたのです。

 此の掻き揚げに入っていた海老がプリプリでとっても美味しかったのです。実治は割と食欲が有ったのです。友治は実治の食べる量を、いつも気にしているのですけど、子供はお腹が一杯だと其れ以上は食べないのです。お腹が空くと食べるのです。

 大人のように、此れは値段が高いから残したら損やとか、の思惑が入らないのです。すっごく単純明快なのです。満腹している実治に其れ以上のものは食べさせる事は出来ないのです。満腹した実治は、口を真一文字にして食べる事を拒否していたのです。

 一方、私の方は、ビールが無くなったので、冷酒をお願いしたのです。此れで残った掻き揚げを食べさせて頂いたのです。有り難い事なのです。合掌。21487

(ダックツアーの待合室で、トミカを持ってウロウロする実治なのです。2018.06.03、「川の駅(はちけんや)」大阪市中央区北浜東1−2)
 


実治7 2018年06月04日(月)

  141,602 byte

水陸両用バスの中で寝てしまった実治なのです。2018.06.03、大川(大阪市北区、大阪市都島区、大阪市居中央区)
 


実治8 2018年06月04日(月)

  144,893 byte

水陸両用バスを降りて記念撮影ですわ。2018.06.03、川の駅(はちけんや)
 


実治9 2018年06月04日(月)

  143,215 byte

私がお願いした「おばんざいセット」ですわ。2018.06.03、「土山人 天満橋店」大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪シティモール 8F
 


実治10 2018年06月04日(月)

  140,539 byte

ママがお迎えに来てくれるのを待つ実治なのです。2018.06.03、大阪市中央区天満橋京町2
 


<< 2018年 6月 >>
- - - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25 26 27 28 29 30
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -