澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「いたけ」から「縁」まで1 2018年05月19日(土)

  143,669 byte

 実の嫁が8:25に出て行ったのです。お花のお稽古仲間と、芦屋まで遊びに行ったのです。そんな訳で、私は一人で生きて行かなければ成らなくなったのです。幸い、午前中にでんでんタウンの理事会が有ったのです。其れを終えてからお昼ご飯なのです。

 色々と考えた挙句に「き田たけうどん」へ行く事にしたのです。注文するモノも、決めていたのです。「竹輪の天麩羅、瓶ビール、豚カレーうどん」の3点なのです。先ず、ビールが出て来て、間も無く、竹天が出たのです。此れが良くビールに似合うのです。

 やがて、カレーうどんがやって来たのですけど、此の豚肉がとってもカレーに馴染んで美味しかったのです。今度は、竹天では無く、此のカレー豚を肴にビールを飲むのがええのじゃないかい、なんて思ったのです。其の時は、豚ダブルで、なんてお願いをしなければ成らないのです。

 満足して、「き田たけうどん」を後にしたのです。帰ってから、お店でスロージョギングをしたのです。何しろ、一日の目標歩数が2万歩なので、家の中でも走らなければ追い付かないのです。ジョギングを終えると、次に倉庫の整理なのです。嫁が遊んでいても、私には、やらなければ成らない事が山のように有るのです。

 勿論、夕方には「いたけ」に出勤しなければ成らないのです。途中で「立っちゃん」にお会いしたのです。此の時には、まさか、22:03に「郷土料理 縁」で再びお会いするなんて事は、夢にも思って無かったのです。

 「いたけ」には「師匠」を始め、「英子ちゃん」や「太田夫妻」「サイガーマン」「パー」「森下さん」「野村くん」「事務局長」なんてのが居られたのです。此処では慎ましやかに「タカラ缶酎ハイ」と「白ワイン」を少々頂戴したのです。

 次に向かったには、去年の7月21日に連れて行って貰った時以来の「なんばしょっと?」に向かったのです。「郷土料理 縁」の一つ北の道を東に入って直ぐ左側に在るお店なのです。初めて行った日の一ヶ月ほど前にオープンしたお店なのです。

 此処の名物は「肉豆腐」なのです。今回も、この肉豆腐を肴に芋湯を二杯飲ませて頂いたのです。次に向かったのは、最近のお気に入り店「みたりや」なのです。此処では、ベーコンと貝柱の串を肴に、芋湯を一杯だけ飲ませて頂いたのです。

 ほてから、次は「万葉(まは)」だったのです。此処には「ハム屋のおっさん」が居られたのです。そして、最後に「郷土料理 縁」に立ち寄ったのですけど、此処で冒頭の「立っちゃん」と合う事が出来たのです。有り難い事なのです。合掌。34309

(先ずは一軒目、「いたけの娘」なのです。2018.05.18、「いたけ」大阪市浪速区日本橋5-13-4)
 


「いたけ」から「縁」まで2 2018年05月19日(土)

  140,708 byte

「なんばしょっと?」のマスターと女将さんなのです。2018.05.18、大阪府大阪市中央区日本橋2丁目6−10
 


「いたけ」から「縁」まで3 2018年05月19日(土)

  141,762 byte

「みたりや」の女将さんなのです。2018.05.18、大阪市中央区日本橋2-1-18 ST日本橋ビルU 1F
 


「いたけ」から「縁」まで4 2018年05月19日(土)

  140,842 byte

「万葉」の女将さんなのです。2018.05.18、大阪市中央区難波千日前3-1
 


「いたけ」から「縁」まで5 2018年05月19日(土)

  140,630 byte

「郷土料理 縁」のお運びさんなのです。2018.05.18、大阪市中央区難波千日前6-20
 


<< 2018年 5月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -