澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

蓮登山 自安寺1 2018年05月14日(月)

  141,265 byte

 あの、目の中に入れたら痛い、可愛い孫の「実治(さねはる)」が来ると言うので、実の嫁は、サワラの塩焼き、ヒジキの炊いたん、菜っ葉の炊いたん、なんてのを用意して待っていたのです。ところが、実治は「母の日のプレゼント」を渡すと、直ぐに帰ってしまったのです。

 そんな訳で、二日連続で家で昼ご飯を食べる事に成ったのです。此れは滅多に無い事なのです。勿論、ビールも飲ませて頂いたのですけど、食後のデザートに日本酒を頂戴する事にしたのです。何処で手に入れたのかは思い出せないのですけど「黒松 白鹿 純米大吟醸 豪華 千年寿」と仰るのが其の酒の長い名前なのです。

 寛文2年(1662)創業の歴史を誇る白鹿が自信を持ってお薦めする純米大吟醸の逸品なのです。酒米は山田錦等、精米歩合は50%、天与の名水、西宮の「宮水」を使って、果実にも似た爽やかな香り、やわらかで、しかも深みのある味わい・・、なんて宣伝文句なのですけどね。勿論、美味しく頂戴したのです。

 夕方の18:00からは、道頓堀の「蓮登山 自安寺」で同窓会が有ったので、17:40に家を出たのです。我が家からは15分ほどの道程なのです。何の同窓会かと言えば、50年近く前に英会話を習っていた仲間と、其の先生がお互いに夫婦で食事をする会なのです。総勢8名。お料理は「なだ万」にお願いしたのです。

 此のお寺の薀蓄を少々・・。徳川中期寛保二年(西暦1742年)に千日前、刑場横の地に日蓮宗の門跡寺院(大本山本圀寺の末寺)として、慈光院日充上人(本圀寺歴代上人)により創建され、境内に本堂・妙見堂・鬼子母神堂・浄行菩薩堂・清正公・神祇堂・秋山白雲霊神堂・法相日前大菩薩堂・絵馬堂・鎮守堂・三光堂・位牌堂・鐘楼堂および能勢妙見遥拝所を構えていたのです。

 その賑わいは「江戸浪花百景」の一つとして数えられ、その風景は「自安寺・妙見宮
・朝参の図」として、長谷川貞信筆の錦絵となり、現在も保存されています。また、「自安寺妙見堂午日詣」と題し、自安寺晩鐘の図として「江南八景」の一つにも数えられていたのです。現在地(大阪市中央区道頓堀一丁目東五番13号)に移転したのは、昭和42年(1967)の事なのです。

 18:00過ぎに始まった宴会は、延々と続いて、お開きに成ったのは22:00を少し過ぎていたのです。仕方が無いので、「楽がき」に少しだけ立ち寄る事にしたのです。酎ハイと芋湯を少々頂戴しただけでお暇をしたのです。だって、「万葉(まは)」は火曜日までお休みなのです。勿論、「郷土料理 縁」「はこや」「みたりや」は、日曜日はお休みなのです。合掌。24908

(自安寺の入り口なのです。2018.05.13、大阪市中央区道頓堀一丁目東五番13号)
 


蓮登山 自安寺2 2018年05月14日(月)

  47,996 byte

長谷川貞信筆の錦絵「自安寺・妙見宮・朝参の図」、自安寺蔵
 


蓮登山 自安寺3 2018年05月14日(月)

  143,246 byte

我々が食べさせて頂いたお料理の一部なのです。2018.05.13、蓮登山 自安寺
 


蓮登山 自安寺4 2018年05月14日(月)

  140,973 byte

「蓮登山 自安寺」の当代ご住職「池田麗鳳師」なのです。2018.05.13、蓮登山 自安寺
 


蓮登山 自安寺5 2018年05月14日(月)

  140,463 byte

英会話の先生、スティーブとツーショットを撮らせて頂いたのです。いえ、私は英語を話せないのです。だって、スティーブとは飲み友達に成ってしまって、日本語でしか喋らないのです。でも、私は「英語」と漢字で書けるのです。2018.05.13、蓮登山 自安寺
 


<< 2018年 5月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -