澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「紀ノ川屋」と「目の検査」1 2018年04月13日(金)

  139,541 byte

 実の嫁が今朝も「大阪赤十字病院」不通に言えば「日赤」に行くのです。昨日の続きの目の検査なのです。学園坂を上がって嫁を日赤まで送り届けたのです。勿論、歩いてなのです。此れで結構、歩数を稼いだのです。後は、私が日赤に居てもする事が無いので、再び歩いて家まで帰ったのです。

 お昼を何処で食べようかと迷ったのです。其処で、先日も候補に挙がった「和歌山ラーメン 紀ノ川屋」へ行く事にしたのです。以前、「周月」の名で、黒門の南入り口付近に在ったラーメン屋が名前を変えて、此の4月1日から営業をしているのです。

 メニューに「オススメ ネギラーメン」なんてのが載っていたので、此れを食べさせて頂く事にしたのです。勿論、瓶ビールと肴にメンマをお願いしたのです。ネギが丼の表面が見えないほどに乗っていたのです。

 胡椒と一味をたっぷりと掛けて頂戴したのです。勿論、残ったメンマも中に放り込んだのです。お味は悪く無いし、美味しいのですけど、我々年寄りの口には少しひつこいようなのです。こってりととろみが有るのです。勿論、好みの問題なのですけど、私的には「友愛亭」の「カミソリ」が好みなのです。

 一方、嫁はびっしりと検査の予定が詰まっているのです。一昨日も検査、検査で明け暮れたのですけど、昨日も、先ず11:00〜11:45までが「ハンフリー」なのです。「ハンフリー」による検査は静的量的視野検査と呼ばれ、決まった範囲内での網膜の光の感度を測定するのです。緑内障の早期発見に役立つのです。

 13:00からは「蛍光眼底撮影検査」なのです。腕のじ静脈に造影剤を点滴で入れながら、眼底写真撮影をするのです。普通の眼底撮影では分からない血管状態などを撮影するのです。糖尿病網膜症などの、網膜・黄斑部疾患、動脈硬化や高血圧などの全身疾患も含めて診断出来る検査なのです。

 14:00からは「網膜電図(electroretinogram : ERG)」なのです。網膜に光が当たると電気的な信号が生じて、視神経を通して脳に伝わるのです。この電気信号を角膜上に載せた電極で調べる検査なのです。網膜色素変性の初期では反応が小さくなり、中期以降は反応がみられなくなるのです。其の為の検査なのです。

 15:00からは「視野検査」なのです。そして、最後に二日間の検査結果を受けて、主治医が患者に説明をするのです。そんな訳で、其の時刻に合わせて、再び日赤まで歩いたのです。結果を一言で言えば「分からない」のです。いずれの検査でも正常だと仰るのです。でも、嫁は確実に視力が落ちているのです。そんな訳で、今度は「大阪市立大学医学部付属病院」で検査の続きをする事に成ったのです。合掌。28381

(「紀ノ川屋」では、ビールは昔からの「キリンラガー」なのです。アルコール度数は4.5度と節度有る濃さなのです。2018.04.12、大阪市中央区日本橋2-10-4)
 


「紀ノ川屋」と「目の検査」2 2018年04月13日(金)

  139,264 byte

ビールの当てに「メンマ」をお願いしたのです。此れが、昔と違って大きかったのです。2018.04.12、大阪市中央区日本橋2-10-4
 


「紀ノ川屋」と「目の検査」3 2018年04月13日(金)

  142,552 byte

此れが「「紀ノ川屋」の「ネギラーメン」なのです。2018.04.12、紀ノ川屋
 


「紀ノ川屋」と「目の検査」4 2018年04月13日(金)

  143,985 byte

此の日、二度目の日赤へ行く途中、六万体近くに咲いていた「ガザニア」の一種なのです。キク科ガザニア属の花なのです。2018.04.12、大阪市天王寺区上汐5丁目
 


「紀ノ川屋」と「目の検査」5 2018年04月13日(金)

  144,265 byte

此の日、嫁が受けた検査の工程表なのです。2018.04.12、「大阪赤十字病院」大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-30
 


<< 2018年 4月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -