澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

背割堤の桜1 2018年04月04日(水)

  144,520 byte

 実の嫁と二人、家を出たのは、9:50だったのです。何処へ行くかと言えば、大阪メトロ難波駅から淀屋橋駅まで行き、此処から京阪特急で楠葉まで行き、其処で準急に乗り換えて、2つ目の八幡市駅で降り、背割堤へ花見に行くのです。

 去年も同じ、4月3日に、しかも観光バスで義姉夫婦と4人で花見に行ったのです。でも、殆ど桜は咲いておらず、ただ桜の木を見に行ったみたいなものだったのです。まあ、私は其れで諦めたのですけど、嫁と義姉は3,4日してから二度目の花見に出掛けたのですけど、未だ3分咲きだったのです。

 今回は、其のリベンジなのです。でも、今年の満開は3月30日だったので、既にかなり散っているようなのですけど、昨年よりはましだろうと予想したのです。さて、難波駅までやって来たのですけど、大坂メトロに成って、初めて乗るので、あちらこちらと写真を撮っていたのです。

 御堂筋線は2,3分待てば次のが来るので、あせる必要は無いのです。難波から淀屋橋までは6分で行けるのです。京阪は、10:30発の特急なので時間はたっぷりと有るのです。でも、先ほど入った電車のドアの窓ガラス越しに、嫁の顔が見えたのです。

 私を放って、自分だけ乗ってしまったのです。まあ、次の電車で行くから、と手真似をしたのですけどね。生憎嫁はスマホを家に忘れたのです。でも、1030の特急の後ろから2両目に乗る約束を義姉としていたので、心配は要らないのですけどね。

 こうして、無事 八幡市駅に降りる事が出来たのです。其れが凄い人出なのです。トイレには長蛇の列が出来ていたのです。改札を出ると、懐かしい「朝日屋」の看板が見えたのです。昨年の11月5日の事なのです。「京街道を歩こう」の2回目で、枚方から伏見まで歩いた時に、此の「朝日屋」で「天ざるそば」を頂戴したのです。

 勿論、、其の時も桜は咲いて無かったのです。でも、今回は咲いていたのです。木津川の堤防から背割堤の桜が遠望出来たのです。まあ、かなり散ってはいるようなのですけど、十分鑑賞に堪えると思ったのです。でも、満開から4日も経っているのです。俗に、「三日見ぬ間の桜かな。」と言うのです。

 近づくと、まあ予想道理の散り方だったのですけどね。殆ど先端まで歩いて、少し手前の椅子みたいなコンクリートに座らせて頂いて、お食事を頂戴したのです。いえ、お食事と言っても、私は嫁のお握りを少し齧っただけで、主食は勿論、此の日 3本目の缶ビールだったのですけどね。合掌。28173

(背割堤の桜ですわ。2018.04.03、木津川に架かる「美幸橋より」京都府八幡市)
 


背割堤の桜2 2018年04月04日(水)

  145,068 byte

背割堤の桜をバックに自撮りしたんです。2018.04.03、京都府八幡市八幡在応寺地先
 


背割堤の桜3 2018年04月04日(水)

  144,373 byte

桜の幹から咲いた可憐な桜ですねん。2018.04.03、背割堤
 


背割堤の桜4 2018年04月04日(水)

  143,940 byte

花見と言えば、やっぱりビールですよねえ。2018.04.03、背割堤
 


背割堤の桜5 2018年04月04日(水)

  143,849 byte

やっぱ桜ですねえ。2018.04.03、背割堤
 


<< 2018年 4月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -