澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

嫁が無事、退院した1 2018年02月24日(土)

  138,208 byte

 朝飯を作るのに20分から30分も掛かるのです。出来上がったのは丁度午前8時だったのです。献立は、段々とボリュウームアップしてしまって、誰か止めて欲しいほどなのです。だって、炭火焼味噌焼豚、ベーコン、ほうれん草とピーマンの炒め物。

 其れに、玉葱とレタスのサラダ&蟹蒲鉾、煮玉子が次に控えているのです。此れに湯豆腐、ほてから、辛子明太子と蒲鉾、此れに白菜の香の物、お味噌汁はキノコがメインなのです。此れに、ご飯は赤飯なのです。飲み物に「白州」が付いたのです。

 此れを、じっくりと時間を掛けて食べさせて頂いたのです。実の嫁は、病院のご飯なんですけど、直ぐに下げに来る、なんて文句を言うのです。ですから、食事が出た途端に、一生懸命食べなければ成らないのです。私とは正反対の状態なのです。

 そうそう、食事前にお風呂の掃除をして、水を張り、タイマーをセットして、食後にゆっくりと朝風呂を楽しんだのです。其の後、洗濯をさせて頂いたのです。洗濯機のスタートボタンを押せば、後は洗濯機がやってくれるのです。

 ですから、私は嫁の居る病院へ朝刊を持って出掛けたのです。病院から帰って、色々としなければ成らない用事が有って、気が付けば午後1時を過ぎていたのです。午後1時半からは「日本橋筋商店街振興組合」の理事会が有るのです。

 此れが終わって帰って来ると午後3時40分だったのです。書類を置いて、再び病院へと急いだのです。そう、昨日は嫁が晴れて退院をする日なのです。ところが、病室に入ると、もう既に退院した後のような雰囲気だったのです。

 私がお迎えに行くと言ってたのですけど、嫁が勘違いをして、さっさとタクシーで帰って来てしまったのです。まあ、無事帰って来ていたので、ええのですけどね。退院祝いに「まるき」で一緒に晩飯を食べる事にしたのです。「まるき」に予約の電話を入れたのです。だって、前に二度ほど満員で入れ無かった事が有ったからなのです。

 午後7時半に「まるき」で待ち合わせて、私は午後6時過ぎに「いたけ」に出勤する事にしたのです。ところが、電話が入って、人と会う約束をしてしまったので、此方を優先したのです。午後5時半のお約束なのですけど、5分程早く到着したのです。

 20分程でミーティングは終わったのです。其処で少し早いのですけど「いたけ」に出勤したのです。私が入った時は「白塗り」だけだったのですけど、「師匠」を始め、「冨田さん」「渡辺夫妻」「たくちゃん」「森下さん」「多田さん」と賑やかに成って来たのです。私は、午後7時20分に「いたけ」をお暇して「まるき」へ向かったのです。そうそう、此処で気が付いたのです。昼飯を食べて無い事に・・。合掌。20650

(昨日の朝飯の全容なのです。2018.02.23、我が家)
 


嫁が無事、退院した2 2018年02月24日(土)

  142,096 byte

日本橋筋商店街振興組合の理事会なのです。2018.02.23、「日本橋筋商店街振興組合事務所」大阪市浪速区日本橋4丁目5−20 ホリノビル 3F
 


嫁が無事、退院した3 2018年02月24日(土)

  144,041 byte

此の日も「いたけ」は賑やかだったのです。2018.02.23、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


嫁が無事、退院した4 2018年02月24日(土)

  145,304 byte

「ウマズラハゲのぶつ切り」なのです。2018.02.23、「まるき」大阪市浪速区日本橋東3丁目11−3
 


嫁が無事、退院した5 2018年02月24日(土)

  138,451 byte

「若竹煮」なのです。2018.02.23、まるき
 


<< 2018年 2月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




- - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -