澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「山椒大夫」と「スティーブ」1 2018年02月08日(木)

  144,828 byte

 夕方の5時前に「一号」が「山椒大夫」と一緒に我が家に来てくれたのです。会社に残っていた「新木会」の資料等を持って来てくれたのです。そして、「いたけ」へ行くと仰ったのです。そうなると、仕方が無いので、私もいつもより早く「いたけ」に出勤する事にしたのです。

 案の定、「いたけ」には「一号」と「山椒大夫」が居たのです。暫くして、京都の「安楽寺」へ火事の後片付けのお手伝いをしに行っていた「師匠」が帰って来られたのです。1月25日の早朝に浄土宗のお寺で、紅葉の名所として知られる「安楽寺」が火災に遭ったのです。

 此処の住職の母上は「師匠」の後輩にあたるのです。其の縁で、此処のところ毎日のように「師匠」は京都までお手伝いに行って居られるのです。私も、昨年の11月20日に、実の嫁と義姉夫婦と4人で、京都に紅葉狩りに出掛けた際、此の「安楽寺」にもお参りさせて頂いたのです。

 「山椒大夫」は、「きらく」で「裕ちゃん」と打合せが有るから、と出て行かれたのです。私も追って行きます、なんて言ったのです。暫くして「小玉さん」と「くまちゃん」が来られたのです。そして「優勝さん」も入って来たのです。

 場が賑やかに成ったところへ「スティーブ」から電話が入ったのです。四十数年前に私が英会話を習っていた先生なのです。今はまた嫁が教えを戴いているのです。まあ、先生と言うよりも友達と言った方が近いのですけどね。

 電話の内容は、今 時間が有ったら一緒に飲みたい、と言う事だったのです。水曜日は嫁の英会話レッスンの日なのです。考えた挙句に「きらく」に来て頂く事にしたのです。勿論、嫁に道案内をさせての事なのです。

 私が「きらく」に着いて間もなく二人が現れたのです。3人で5月に行くバンコク旅行の打合せをしつつ「スティーブ」と旧交を温めたのです。「山椒大夫」は眠たいと仰って、此の日の宿「裕ちゃん」の家へ二人で向かったのです。でも、実は「万葉」へ二人で行ったのです。

 我々三人も「万葉」に向かったのです。でも、其の時には「山椒大夫」等は帰った後だったのです。「山椒大夫」は、一箇所で長居が出来ない性質なのです。「万葉」には「けんちゃん」も居られて、大いに盛り上がったのです。そして、午後10時半過ぎに「万葉」をお暇して、嫁と二人で「スティーブ」を難波駅近くまで見送ったのです。合掌。25399

(「山椒大夫」がスマホを持っていたのには驚かされたのです。聞けば、電話以外に使った事が無い、と仰ったので、納得したのです。2018.02.07、「いたけ」大阪市浪速区日本橋5丁目13−4)
 


「山椒大夫」と「スティーブ」2 2018年02月08日(木)

  142,677 byte

「一号」なのです。「山椒大夫」の後を継いで、今では「ウイン企画」の社長に就任されているのです。2018.02.07、いたけ
 


「山椒大夫」と「スティーブ」3 2018年02月08日(木)

  134,304 byte

「裕ちゃん」なのです。彼は「新木会」の会長を務められているのです。2018.02.07、「味旬菜 きらく」大阪市浪速区日本橋3-3-2
 


「山椒大夫」と「スティーブ」4 2018年02月08日(木)

  145,114 byte

嫁と「スティーブ」なのです。此の時、「スティーブ」は、旨い、安い、遅い、の「遅い」をしみじみと味わっていたのです。2018.02.07、きらく
 


「山椒大夫」と「スティーブ」5 2018年02月08日(木)

  141,135 byte

「けんちゃん」と「スティーブ」なのです。2018.02.07、「万葉(まは)」大阪市中央区難波千日前3−1
 


<< 2018年 2月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -