澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

京街道を歩こう2日目31 2017年11月12日(日)

  144,702 byte

 京阪本線の踏切を渡って、我々は宇治川の土手沿いを北東方向に歩いたのです。橋の有る所では、土手を川原まで下りて、橋の下を潜って歩いたのです。土手に「うじがわ 河口から43.0km」なんて書かれたコンクリート製の標識が有ったのです。此の土手道なんですけど、ちゃんと「京都府道124号線」なんて名前が付いているのです。

 土手道は左に曲がって、宇治川へ注ぐ新高瀬川に架かる、歩行者専用の鉄橋を渡ったのです。やって来たのは伏見区葭島金井戸町に在る「国土交通省 淀川工事事務所伏見出張所」前だったのです。更に其処から北へ歩き、京阪本線の踏切を越え、一つ目の橋を右折したのです。

 橋を渡った所を右に行けば「金井戸神社」が在るのです。小便をしたい連中が、神社にトイレが有るかもと鳥居を潜ったのですけど、残念ながらトイレは無かったのです。此の神社、鳥居の扁額には「三栖神社」と書かれているのです。

 実は、伏見区横大路下三栖城ノ前町に「三栖神社」が在って、其の御旅所に成っているのです。祭神は、天武天皇、応神天皇、伊弉諾尊なのです。境内には欅の巨樹が有り、末社の「門倉稲荷神社」には「倉稲魂神(うかのみたまのかみ)」を祀っているのです。

 皆さんは「中書島駅」近くのローソンで小便休憩をしたのです。17名も居てるので、中々なのです。其処で「下駄屋のおっさん」と一緒に駅へトイレを探す旅に出たのです。まあ、直ぐ近くなのですけどね。

 北口に行ったのですけど、駅中にはトイレが有るのですけど、外には無かったのです。調べると南口には公衆便所が有ったのです。踏切を渡って、我々は無事トイレに行く事が出来たのです。ローソンの方へ歩くと、向こうからご一行様が来られ合流したのです。

 此処で、帰る組と居残り組に分かれたのです。4人が帰られて、13人が残ったのです。何処へ行くかと言えば、駅から北へ400m行った所に在る、「きざくらカッパカントリー」なのです。酒やビールをショットで飲ます売店と、居酒屋とが有るのです。

 我々が到着したのは、16:45で、レストランは17:00からの営業なのです。そんな訳で、早速ショットで日本酒を飲ませて頂いたのです。ようやく居酒屋が開いて、其方へ移動したのです。此れが総席数160席と大きいのです。ランチ営業もやっているのです。

 ビールも酒も何種類も用意されていたのです、勿論、我々13人は色々と飲ませて頂いたのです。酒の肴もたっぷりと有るのです。此処をお暇したのは18:28だったのです。そう、節度ある飲み方なのです。まあ、帰ってから「万葉(まは)」と「ババケン」に寄ったのですけどね。そんな訳で、歩数は48002歩を数えたのです。(完)合掌。29738

(土手に有った河口からの距離を示す標識なのです。2017.11.05、京都市伏見区横大路千両松町)
 


京街道を歩こう2日目32 2017年11月12日(日)

  145,346 byte

新高瀬川に架かる、歩行者専用の鉄橋なのです。2017.11.05、京都市伏見区横大路下三栖東ノ口
 


京街道を歩こう2日目33 2017年11月12日(日)

  140,669 byte

「金井戸神社(三栖神社御旅所)」への参道に在る石の鳥居なのです。2017.11.05、京都市伏見区三栖向町773-1
 


京街道を歩こう2日目34 2017年11月12日(日)

  142,385 byte

明治43年(1910)に開業した「京阪中書島駅」なのです。そして、日本最初の路面電車として塩小路東洞院〜油掛町間が開通したのが明治28年(1895)だったのです。其れが大正3年(1914)に、此の中書島駅まで延長されたのです。また、此の駅は宇治線の起点にも成っているのです。2017.11.05、京都市伏見区葭島矢倉町59番地
 


京街道を歩こう2日目35 2017年11月12日(日)

  143,119 byte

「きざくらカッパカントリー」なのです。2017.11.05、京都市伏見区塩屋町228
 


<< 2017年 11月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -