澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

蘇 建源さんを偲ぶ会1 New! 2018年04月21日(土)

  142,510 byte

 実の嫁が朝から出て行ったのです。何でも、義姉と二人で京都へ行くのだとか。まあ、詳しい事は知らないのですけどね。そんな訳で、お昼を一人で過ごす事に成ったのです。最重要課題は昼飯なのです。

 其処で、久しぶりに「き田たけうどん」に行く事にしたのです。此処のメニューを全て食べてやろう、なんて思っているので、今回は、1,000円の「炙り牛トンぶっかけ」を頂戴する事にしたのです。牛肉と豚肉の炙ったのが乗ってる奴なのです。

 此処のメニューに載っているのは、全部で15種類ほどなのです。此処がプレオープンして以来、6回目に成るので、6種類を頂戴した事に成るのです。でも、一番好きなのは「なめころしぶっかけ」なのです。此れが私のお口に一番合ってるのです。

 勿論、ビールも頂戴したのです。其の後、13:30から、商店街の理事会が有ったのです。そして、15:00過ぎから「日本橋にトラムを通してにぎわいを進める会」の勉強会が有ったのです。会で進めていた「日本橋まちづくり構想」が出来たからなのです。

 16:00過ぎに終わったのですけど、やる事が山のように有るのです。此の日は、殆ど歩いて無かったので、歩数を稼ぐ為にスロージョギングをしたのです。そして、此の日の夜には「蘇建源さんを偲ぶ会」が有って、冒頭で私に挨拶せよとの命令が有ったので、其の文句を考えなければ成らないのです。

 加えて、ご遺族に差し上げる為の蘇さんの写真をピックアップする必要が有ったのです。此れがかなり手間の掛かる仕事で、一枚一枚見ながら蘇さんの写真だけを探さなければ成らないのです。年間、平均して5万枚ほども撮るので、2002年からなので膨大な量に成るのです。2002年から2009年までの一部をピックアップしたのです。其れでも、350枚ほどに成ったのです。此れをDVDに焼いたのです。

 そうこうする内に、「いたけ」に出勤する時間が迫って来たのです。日課はこなさなければ成らないのです。そして、19:10に「いたけ」を出て、偲ぶ会の会場、「餃子の王将 日本橋でんでんタウン店」へ向かったのです。

 全部で40名ほどの、蘇さん所縁の方々が集ったのです。蘇さんの写った写真をA4に引き伸ばしたものを皆さんにお見せしながら、想い出話しをして、ご挨拶に替えたのです。「白塗り」が乾杯の音頭をされたのです。

 さあ、後は飲むだけなのです。ビールの後は紹興酒なのです。でも、皆さんが紹興酒を立て続けに注文するものですから、等々品切れに成ってしまったのです。まあ、紹興酒が無くても日本酒を飲めば良いのです。こうして、夜は更けて行ったのです。合掌。15211

(此れはお昼に頂戴した「炙り牛トンぶっかけ」なのです。美味しかったのです。2018.04.20、「き田たけうどん」大阪市浪速区難波中2-4-17)
 


蘇 建源さんを偲ぶ会2 New! 2018年04月21日(土)

  145,070 byte

「いたけ」に行くと、「立っちゃん」と「とくらさん」が居られた。2018.04.20、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


蘇 建源さんを偲ぶ会3 New! 2018年04月21日(土)

  142,360 byte

「蘇 建源さんを偲ぶ会」で設けられた祭壇ですわ。写真とジョニ黒、其れにビールが供えられていた。2018.04.20、「餃子の王将 日本橋でんでんタウン店」大阪市浪速区日本橋5丁目18−25 大宝ビル
 


蘇 建源さんを偲ぶ会4 New! 2018年04月21日(土)

  137,475 byte

乾杯の音頭をとる「白塗り」は、蘇さんの大好きやった「ウィスキー」のロックでしたのです。此のジョニ黒リンクコーポレーションの牧さんの供えものだったのです。2018.04.20、餃子の王将
 


蘇 建源さんを偲ぶ会5 New! 2018年04月21日(土)

  143,310 byte

参列する三人なのです。左「洋服屋のおっさん」「いたけの娘」そして、私なのです。、餃子の王将
 


<< 2018年 4月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -