澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

嫁の居ない歴5日目1 New! 2017年08月16日(水)

  134,495 byte

 実の嫁が出て行ったのが、8月11日の午前11時前だったのです。ですから、12日の朝食から自炊して、今日で5日目に成るのです。今朝は「豚バラ肉」を少しだけ買って来て、塩コショウして炒め、此れに目玉焼きを添えたのをメインにしたのです。

 此れに、蒲鉾少々とウルメ干し、ほてから、五目野菜サラダに蟹蒲鉾をあしらった奴、加えて野菜具沢山味噌汁に、納豆を付けたのです。まあ、ちょっと食いすぎの感は有るし、事実 嫁の居ない間に1.2kgも太ってしまったのです。

 そうそう、昨日のお昼は「立ち寿司2号店」で「握り盛り」を頂戴したのです。11:30が「立ち寿司」のお昼の営業開始時間なのです。私が到着したのが、11:40だったのですけど、其の時、既に満員の盛況だったのです。

 お客さんの人数を勘定したのです。だって、マスターが『ちょっと、時間が掛かってしまうんですけど、お許し下さいね。』と断ったのです。実に、22名も座って居られたのです。そう、私が22番目の客なのです。

 此れでは、おいそれと「握り盛り」が出て来る筈は無いのです。30分程度を覚悟したのです。其の間を、生中で時間を稼ぐしか仕方が無いのです。勿論、料理をお待ちのお客様が大方なのです。

 其れでも、マスターは小女に炙り物をさせたり、皿を用意させたり、飯盛りをさせたり、と上手に使って次々と料理を出していたのです。私の前に、握り8巻の「握り盛り」が姿を現したのは、私の予想より10分速い正午丁度だったのです。

 僅か30分であれだけのお客様を熟したのです。大したものなのです。「味旬菜 きらく」なら、優に1時間は空腹に耐えなければ成らないところだったのです。只一つ、赤出汁を出すのを忘れていたようなのです。

 こんな事は小さな事なのです。でも、朝が「玉子スープ」だったので、味噌汁が恋しくて、生中の二杯目を注文する序に『赤出汁、未だ出て無いよ。』と柔らかく言ってやったのです。勿論、恐縮しながら、赤出汁さんは、直ぐに出て来られたのです。

 店を出る時にも、未だ満員だったのです。家族連れが二組居られて、其々5名と7名だったのです。此の方々が次々と注文されるのです。此れに、一人、二人とお客様が出られると、此れに合わせたように、次から次へとお客様が入って来られるのです。ああ、お盆休みなんやなあ・・、なんて思ったのです。残念ながら、私にお盆休みは無いのです。ず〜〜っと、お休みなのです。合掌。27685

(昨日の朝飯なのです。「ソーセージとパプリカの炒め物」「玉子スープ」なんてのを作ったのです。自画自賛なのですけど、結構 美味しかったのです。2017.08.15、我が家)
 


嫁の居ない歴5日目2 New! 2017年08月16日(水)

  139,539 byte

今日の朝飯なのです。「豚バラ肉の炒め物&目玉焼き」に「野菜具沢山味噌汁」なのです。そうそう、ご飯は「五目釜飯」だったのです。今朝も美味しかったのです。2017.08.16、我が家
 


嫁の居ない歴5日目3 New! 2017年08月16日(水)

  136,043 byte

此の生中で20分間の飢えをしのいだのです。2017.08.15、「立ち寿司2号店」大阪市中央区日本橋2-8-16
 


嫁の居ない歴5日目4 New! 2017年08月16日(水)

  138,183 byte

やって来られた「握り盛り」なのです。2018.08.15、立ち寿司
 


嫁の居ない歴5日目5 New! 2017年08月16日(水)

  139,846 byte

此の赤出汁が出て来たのは、「握り盛り」が姿を現してから8分の時間が経過していたのです。2017.08.15、立ち寿司
 


<< 2017年 8月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -